• まち・ひと
  • 住まい
  • 子育て・医療
  • 働く・学ぶ
  • 聞きたい・相談したい
  • 田舎体験・交流

椎茸生産促進研修員「椎茸で地域おこし」

吉賀町の基幹作物はお米で、ほかの作物と組み合わせた複合的は経営が行われてきました。

中でも原木椎茸の生産量が多く、吉賀町の特産品となっていましたが昭和59年以降、後継者不足と高齢化により生産量は年々減少しています。

このため原木よりも軽作業で天候に左右されにくく安定して生産できる菌床椎茸栽培を推進し、産業の維持を図ってきました。

担い手の減少を食い止めるため、椎茸生産促進研修員(地域おこし協力隊)を募集し、地域の新たな力を求めます。

【募集人員】1名

 

チラシダウンロード(PDFファイル)

 

仕事内容

地域おこし協力隊として、吉賀町の特産品である椎茸(主に菌床椎茸)の生産量向上のために活動を行っていただきます

 

募集対象

1.3大都市圏をはじめとする都市地域等にお住まいで、吉賀町に住所を移し、居住できる方。

2.普通自動車運転免許を取得している方

3.パソコンの操作(Office系ソフト)ができる方

4.心身ともに健康で、積極的に関係者・地域住民と協力しながら活動に取り組める方

5.任期終了後も引き続き、吉賀町に定住する意思のある方

 

給料・待遇など

・嘱託期間:委嘱の日から翌年3月31日まで(最大3年間)

・報酬:日額10,000円(別途通勤手当、時間外手当あり)

・勤務:16日/月

・備考:福利厚生等は吉賀町嘱託職員に準ずる

 

\\こんな方にオススメ!//


・椎茸、菌に興味のある方!
・学ぶ意思の強い方!
・育てることが好きな方!

ご興味のある方はぜひ一度お越しください!

 


 

※地域おこし協力隊についてはこちら(総務省HP)をご覧ください