第18回大井谷棚田まつりが開催されました。

第18回大井谷棚田まつり

 10月11日(日)柿木村白谷大井谷地区において第18回大井谷棚田まつりが開催され、棚田オーナーをはじめ町内外から約200人が訪れました。獲れたての新米で握られたおにぎりやお餅はもちろん、手作り加工品、「棚田スローウォーク」「棚田の石垣に使用されている石の重量当てクイズ」「石見神楽」などのイベントが開催され、中でも「棚田米のすくい取り」は大井谷で獲れたおいしいお米を無料で頂けるということもあり、多くの人が行列をつくりました。

棚田まつりに参加された方からは、「この棚田という耕作が困難な土地を約600年守り続けていることに感動した」という声や、「大井谷の棚田米は冷めても美味しい」との声があがっていました。

大井谷棚田まつりは、交流人口の創出による棚田保全と地域活性化の目的で平成10年度から開催しています。18回目となる今年の棚田まつりも多くの人で賑わいました。高齢化のなか、維持していくことが困難な現状ですが、棚田を守りたいという一心で地域の人たちが頑張っています。

第18回棚田まつりの様子 棚田米すくいとりの様子

お問い合わせ先

産業課   電話番号 0856-79-2213  FAX番号 0856-79-2344

ページの先頭へ