吉賀町木の駅プロジェクト事業

吉賀町木の駅プロジェクトは、地域住民が地域の森林を整備し、林地残材を地域の発展と地球環境ために有効活用することを目的に実施する事業です。今までお金にならないので山へ放置されていた間伐材等の林地残材を搬出した出荷者に、森林整備の実施者として、本来の木材価格に上乗せ助成した金額を、町内のみで使用できる丸太券(地域通貨券)で支払います。地域住民で結成された吉賀町木の駅プロジェクト実行委員会と吉賀町の協働事業です。

各種様式

事業の流れ

スギを伐採している様子山で伐採します。

 

丸太が積まれた軽トラックトラックに積み込みます。(写真は軽トラ)

 

丸太を木の駅に出荷している様子木の駅(木材の出荷場所)に出荷します。

 

丸太券を手にしている様子丸太券ゲットです。(1枚1,000円の価値があります。)

 

丸太券を地域協力商店で使用している様子丸太券を使用し、地域協力商店で買い物をします。(おつりがでないので1,000円ぎりぎりまで購入します。)

 

お問い合わせ先

産業課   電話番号 0856-79-2213  FAX番号 0856-79-2344

ページの先頭へ