• まち・ひと
  • 住まい
  • 子育て・医療
  • 働く・学ぶ
  • 聞きたい・相談したい
  • 田舎体験・交流

よしか暮らしまでのステップ


1.まずは情報収集

どんな場所でどんな暮らしをしたいですか?移住は将来を決める一大イベントです。
平地が多いところ、高原のようなところ、中山間地域、海沿い、島など全国に田舎と呼ばれる土地はたくさんあります。なんとなく人が少ない田舎へというようなボンヤリとした気持ちだと、田舎暮らしは難しいです。
何のために田舎をめざすのか、自分の中の軸をしっかり決めるために、色々な田舎を訪ねて情報収集をしてみることをお勧めします。また同時に家族ともしっかり話し合い、イメージの共有化を図りましょう。

2.訪れてみる

どんな暮らしをしたいかが決まったら、次は候補地を訪れてみましょう。春夏秋冬の気候や風土、人の雰囲気、自分のやりたいことが無理なく実現できるかを交流の中で見極めていってください。
数ある田舎のなかで、移住検討のために吉賀町へ来られる際はよしか暮らし相談員がご案内します!
町内案内をはじめ、保育園や学校などの施設見学、先輩Iターン者や地元の人との交流をコーディネートいたします。

田舎体験

(いなか暮らしについて聞く)

3.吉賀町に移住を決意!

吉賀町が自分と家族の軸にぴったり合うならば、すまいやしごとを探してよしか暮らしの準備をしましょう。

【1】生活全般の準備
■自動車免許・車・・・公共交通機関の使い勝手は、都会と比べてよくありません。よしかの移動は基本的に車です。職場も買い物も、医療機関も歩いていける距離にはありません。車は家族で1台ではなく、1人に1台という感じです。
■お金
よしか暮らしは、有機農業・自給的な農業のイメージからお金をかけずに暮らせそうな雰囲気がありますが、都会に比べて住居費が安いくらいで、車の燃料費や冬用タイヤ代、保険料といった維持費、冬の暖房費などもかかります。しごとや生活が安定するまでのお金の準備を。

冬の吉賀町

(冬の吉賀町・吉賀町役場本庁舎周辺)

【2】すまい(移住体験滞在施設、空き家情報バンク)
詳しくはこちらをクリックしてください。

移住体験滞在施設

(移住体験滞在施設)

【3】しごと
詳しくはこちらをクリックしてください。

4.ようこそ吉賀町へ

ご近所さんや移住前に訪問された方への挨拶をはじめ、集落や自治会などに参加して地域にとけこみましょう。地域にとけこむことが快適なよしか暮らしにつながります。