農産加工

交流研修センター加工室

町内農産物等の付加価値向上及び地域特産物の開発を行い地場産業の振興を図るため吉賀町交流研修センター(吉賀町真田)内に設置しています。

利用時間

午前8時30分から午後5時

ただし、12月28日から翌年1月4日、その他の諸事情により利用できない日があります。

(時間外の利用はご相談ください。)

利用できる方

「味工房よしか」に加入している方のみ。

味工房よしかについては下記をご覧ください。

利用条件

・町内農産物などの付加価値向上及び地域特産物の開発を行い地場産業の振興に資すること。

・加工室で製造する加工品については施設の瑕疵によるものを除いて、製造者が責任を負うこと。

・食品衛生法や食品表示法などの関係法令を遵守して製造すること。また食品衛生上の気概の防止に必要な事項に関する記録を作成し、加工品の保存期限に応じて記録を保存すること。

申込方法

利用の1週間前までには加工室使用申請書を産業課へ提出してください。

申込みにあたりましては、加工室利用状況を確認する必要がありますので、必ず事前に産業課へご連絡ください。

利用後の届出

加工室の利用後5日以内に加工室使用実績報告書を産業課へ提出してください。

加工室で製造し販売する加工品については、加工室の利用後5日以内に加工品製造販売届を産業課げ提出してください。

利用料金の支払いについて

施設使用料は、後日送られてくる納付書でお支払いください。

 

料金:4時間以内1,030円、超過1時間(超過1時間に満たない場合も1時間とみなします)ごとに250円を加算します。

※使用料の減免:加工品の主要材料に町内産農産物を活用する場合。

味工房よしかについて

吉賀町交流研修センター加工室を利用して、吉賀町の農産物をはじめとする地域資源を活かした加工品の開発、製造、販売を行うことで所得の向上と地域産業の振興を目指す組織です。

加入資格

吉賀町または味工房よしかが実施する加工に関する衛生講習などのセミナーに参加し、加工室の使用方法や活動方向などの面談を受けた者。

詳しくは産業課までお問い合わせください。

農産加工施設整備支援事業補助金

地域農産物等の有効利用による地域産業の振興を目的に、農産加工品の生産及び生産拡大を行うための施設整備に要する経費を補助します。

補助内容

補助対象

町内に事業所を有する法人及び町内に住所を有する個人事業者又は新たな取り組みにより町内において事業化を目指す個人もしくは任意団体

補助対象経費

1施設建設事業

 農産加工施設の新築又は増改築に要する経費

2機械器具導入事業

 農産工機械器具等の導入に要する経費

補助率・交付限度額

1施設建設事業

 補助対象経費の2分の1以内で、上限100万円(1事業者当たり1回に限る)

2機械器具導入事業

 新規導入については補助対象経費の2分の1以内で、上限50万円。

 既存機器の更新については補助対象経費の3分の1以内で、上限30万円。

 どちらも1事業者当たり1回に限る。

申請方法

要綱ダウンロード

農産加工施設整備支援事業補助金交付要綱(PDF)

申請書ダウンロード

農産加工施設整備支援事業補助金様式一覧(Word)

 

申請先:産業課(柿木庁舎)

 事業開始前(備品購入前、施行前)に申請書を提出していただく必要がありますので、申請に関しましては事前に産業課までご相談ください。

その他支援制度

お問い合わせ先

産業課   電話番号 0856-79-2213  FAX番号 0856-79-2344

ページの先頭へ